神話の里の山奥で本当にあった話・・・(2)

旅行
スポンサーリンク

何かに導かれるように進んで行った先には・・・

前回の続きです。

前回はこちらから(→神話の里の山奥で1

ナビは右側の小道に入るように言ってきました

 

え?ほんとに?

霧で視界も悪いし雨も降ってるし暗いし

普段なら絶対「やめとこう・・・」といいそうな状況なのですが・・・

なぜだかハンドルを右に・・・

 

すると・・・

木々が生い茂る中、

車1台がやっとの道・・・暗い、先が見えない・・・

しかも坂道で・・・

 

本当にこのまま行って大丈夫か!?と不安に・・・

しばらく進むとうっすらと湖畔が見えてきました

霧につつまれて暗い湖は・・・

今にも何か・・・って感じ

・・・!?

 

「!!!!!」

 

 

 

 

 

霧がたちこめる湖のほとりに、

白い雨合羽を着たスワンボート係のおじさんが・・・

 

まぎらわしいっ!!!

 

「乗る?」って

こんな状況で 乗りませんっ!

神々の里というだけあって天気も場の雰囲気も

なんだかそのあたり一帯は神がかった感じでした・・・

 

それにしてもおじさんこんなに人が来ないときでも

雨だろうが霧だろうが

ずっとここで待ってるんだろうか・・・

 

それはそれで

ちょっとコワいな・・・

(不器用男)

コメント

タイトルとURLをコピーしました